サツキのペルー旅行記・Top >  ペルーに持っていきたい薬

ペルーに持っていきたい薬

ペルー観光


ペルー旅行の際に、私の体験上、特に持っていってほしいと
感じた薬をいくつか挙げてみます。


1、使い慣れた頭痛薬…
高地に行く時はぜひとも持って行ってほしいもの。
高山病で初期から最も顕著に現れる症状は頭痛です。高山病は基本的には
対症療法となるので、頭痛が起これば頭痛薬となります。
ですから、使い慣れた薬の方が安心して飲めます。


2、酔い止めの薬…
もちろん、お酒ではなく乗り物の酔い止めです。なぜ必要か?
これは、ナスカの地上絵観光の際、数人乗り〜数十人乗りのセスナ等で
地上絵を見ることになりますが、このとき、左右の乗客どちらにも
よく地上絵が見えるように、機体を左右にかなりの角度で傾けて旋回します。

これを地上絵ごとにやるわけですから、通常の乗り物では酔わない人でも、
これには酔うことも多いです。

安心して観光するためにも、地上絵観光フライト待ちのときに、
念のため飲んでおくことをおすすめします。


3、止瀉薬・整腸薬…
これも、高地に行く場合は特に持って行ってほしいもの。
高山病の症状のひとつに下痢もありますし、そもそも高地では胃腸の働き
自体が弱くなるので、胃腸のトラブルも起こしがちです。

いずれも一般的な常備薬ですので、ぜひ!


PICK UP! >> クレジットカードは二枚がベスト!? その理由について

ペルー旅行の準備

高山病の事前の対策
ペルーってどんなところ?
ペルーに持っていきたいもの
ペルーに持っていきたい薬
到着するまでがタイヘン