サツキのペルー旅行記・Top >  チチカカ湖とウロス島

チチカカ湖とウロス島

ペルー観光


プーノといえばここでしょう!
3800メートル超の高地にある湖・チチカカ湖。


そしてチチカカ湖の代表的なイメージといえば、トトラ(葦)を
積み上げて出来た浮き島・ウロス島です。チチカカ湖観光=ウロス島観光と
いってもいいかも。


ボートに乗って約20分ほどで、ウロス島が見えてきます。
ウロス島に到着すると、島にある学校の先生に連れられて、子供たちが歌で
出迎えてくれます。


私たちの時は「チューリップ」の歌でした。歌は最初の方だけ日本語ですが、
そのうち現地の言葉(?)に変わっていきます(笑)


心なごむ歓迎なのですが、子供たちはお菓子を先生はチップを期待しています(苦笑)。


で、お菓子なのですが、あげるなら砂糖たっぷりの甘いお菓子は避け、
虫歯になりにくいものにしてあげて下さい。あるいはパンや果物など。
観光客から飴などをもらうのが習慣になり、子供たちの虫歯が増えたという
困った事実もあるようですので…


ウロス島には歯医者はないし、たとえプーノまで歯医者に行ったとしても、
その治療費の捻出がとても困難なのです。子供たちに何かあげたいと思う人は、
何をあげたらいいか、事前にガイドさんに聞いておくのがよいと思います^^


さて、ウロス島は、島だけでなく家もトトラで出来ています。
島中トトラ一色です(笑)。


トトラはもちろん水に浸かっているところから腐っていくので、
上に新しいトトラを積み上げて補充していく、これを長年続けてウロス島は
浮き続けているわけです。


てことは、上にトトラを積み上げていくと、当然地面(?)が
せり上がる事になり、結果、家がだんだん低くなっていくんじゃないか?
と思ったりもするんですが、適当なところで建て替えるんでしょうかね、さすがに。


別料金(ツアーによっては旅行代金に含まれています)で、
トトラで作った船・バルサに乗船することが出来ます。たかが葦のボートと
バカにするなかれ、かなり頑丈に作られていますよ^^


バルサに乗ってぼんやりと景色を眺めていると、なんだか久しぶりに
ゆっくりした時間を過ごしたような気分になれます。
ペルー旅行は一般的にハードスケジュールが多いので、
ここらで心の一服として、バルサ乗船体験、おすすめです^^


ちなみに、ウロス等ではこのバルサのミニチュアも売っています。
もちろん、小さくてもちゃんとトトラで作られていて、しかもかなり出来がいい!
ミニチュア好き・民芸品好きにはもってこいのおみやげですよ^^


PICK UP! >> クレジットカードは二枚がベスト!? その理由について

ペルー観光ガイド

パッケージツアーの進行
首都・リマでの観光
リマからクスコへ
インカを感じる街・クスコ
マチュピチュへの高原列車
空中都市・マチュピチュ
プーノへの道
プーノで語られる「あの人」
チチカカ湖とウロス島
フリアカ空港まで
ナスカの地上絵