サツキのペルー旅行記・Top >  首都・リマでの観光

首都・リマでの観光

ほとんどの方は、首都・リマがペルー旅行の最初の地になると思います。
ほとんどのフライトで着くのは夜遅い時間なので、パッケージツアーでは、
その日はそのままホテルで寝るだけ、そして翌日、午後から観光という
パターンが多いかと思います。


リマを観光


「よし、午前中フリータイムがあるので、さっそく早起きしてリマの街を散策しちゃおう!!」とお考えの方、ちょっと待って下さい!


限られた時間の中なので、いろいろ見てまわりたいのは当然だと思いますが、
ここは、ゆっくりと寝て、まずは疲れと時差ぼけの解消に専念することを
おすすめします。


ここで、疲れと時差ぼけを解消して寝不足にならないようにしておかないと、
高地で苦しい思いをすることになるんです。(翌日がリマ観光ではなく、早朝からいきなりクスコ行きという方は、とにかく出来るだけ早く寝て休んで下さい。)


時差ぼけも疲れもない!という人も旅慣れた人以外は、
タクシー利用は個人的にはおすすめしません。


「黄色いタクシーは登録済みタクシー」と書かれているガイドブックもありますが、
実際はそれ以外のタクシーも、勝手に黄色に塗り替えているものが多く、
本当に判別がつきにくいくらい、似せているのものもあります。


私たちのような一見の観光客に、その区別を完璧につけるというのは
無理な話だと思います。せいぜい、徒歩の範囲でいけるお店の散策程度にして
おいた方がいいでしょう。(ですが、早朝・夜の徒歩散策は避けましょう。)


観光では、教会・広場・博物館などを訪れます。広場は、休日は特に
たくさんのペルー人が家族連れでやってきます。写真の撮りがいも
あるとおもいますが、民族衣装を着ている人や、リャマ・アルパカを
連れている人の多くは、観光商売をしていて、写真をとると
有料だといってくることも多いので、ご注意を。


PICK UP! >> クレジットカードは二枚がベスト!? その理由について

ペルー観光ガイド

パッケージツアーの進行
首都・リマでの観光
リマからクスコへ
インカを感じる街・クスコ
マチュピチュへの高原列車
空中都市・マチュピチュ
プーノへの道
プーノで語られる「あの人」
チチカカ湖とウロス島
フリアカ空港まで
ナスカの地上絵